石の血脈

出版年
1971年11月
出版社
早川書房
形式
四六判
コメント
アトランティス、暗殺集団、赤い酒場、巨石信仰、吸血鬼、不死の生命……。この本を手に取ったあなたは、これらの言葉から何を想像するだろうか。失踪した妻を捜し夜の街を歩く建築家・隅田、展示場から消えたアトランティスの壺を追うカメラマン・伊丹。彼らの周囲には、次第に不可解な出来事が起り始める。一件脈絡のない事象を縦糸に、男女の愛を横糸に紡ぐ。伝奇ロマン。

石の血脈

戦国自衛隊/G.I.SAMURAI

電子書籍

Twitter「半村良」

以下はtwitterから「半村良」のキーワードを含むツイートを抽出したものです。半文居では内容に関知していません。

関連リンク≫