HOME

  1. 半村良の仕事
  2. 書籍
  3. かかし長屋

かかし長屋

出版年
1996年7月
出版社
祥伝社
形式
文庫
コメント
棟梁にほめられ有頂天になる大工、盗賊としての過去を隠した扇職人、対人恐怖症で五千石を棒に振った旗本の次男坊、思いもかけず玉の輿に乗る娘など、この江戸下町の長屋にはさまざまな人たちが暮らす。そして彼らを助ける証源寺の住職忍専。ふりかかる事件にも自分たちの知恵で切り抜けていく。そんな長屋住人たちを闊達な筆で描き出す人情時代小説。第六回柴田錬三郎賞受賞作。

かかし長屋

戦国自衛隊/G.I.SAMURAI

電子書籍

Twitter「半村良」

以下はtwitterから「半村良」のキーワードを含むツイートを抽出したものです。半文居では内容に関知していません。

関連リンク≫