HOME

  1. 半村良の仕事
  2. 書籍
  3. 黄金の血脈 地の巻

黄金の血脈 地の巻

出版年
2005年4月
出版社
祥伝社
形式
文庫
コメント
水面下の闘争が繰り広げられる大坂の陣の前夜――。幾多の敵を切り伏せながら、常陸から陸奥へ。鈴波友右衛門、野笛、そして織田家の血を引く三四郎は、敵の眼を欺くために家族を装っていたが、いつしか深い情愛で結ばれていく。やがて蒲生領に入ると、豊臣方から徳川方かで藩論は真っ二つに割れていた。豊臣家起死回生の秘策の行方は? 大河時代小説第二弾。
ISBN
4-396-33221-1
出版社在庫
あり(2011年1月19日現在)

黄金の血脈 地の巻

戦国自衛隊/G.I.SAMURAI

電子書籍

Twitter「半村良」

以下はtwitterから「半村良」のキーワードを含むツイートを抽出したものです。半文居では内容に関知していません。

関連リンク≫